斉藤研究室 活動内容

斉藤研究室では,3年次に配属されてから基礎知識を深めるとともに,各ゼミ生が研究を始めていきます.
週1度のゼミの時間では,ゼミ生全員が集まり1週間の研究の成果を発表し,それについて話し合いお互いの理解を深めます.
研究や勉強などはゼミ以外の時間に個人または集まって行います.

また 任意ですが,研究の成果を情報処理学会などが開催する全国大会や研究会に論文として提出し,学会発表を行います.
そのため,卒論に困ることは決してありません. その他にも,夏休みに他の研究室(経情の情報系ゼミ,筑波大学佐藤研究室)との合同ゼミ合宿をしたり,飲み会,OB・OG会なども開催されます.

ゼミ(週1)

ゼミ生が1週間の研究の進捗状況を発表し,それに対して質問したりアドバイスをしたりなど議論をします. アドバイスなどをもとに,来週までに何をやってくるかを決めて,来週のゼミに備えます.
研究は,ゼミ以外のときに個人あるいは集まって行います.わからないときや行き詰ったときは,ゼミの時間以外でも, 先生や先輩が優しく指導してくれます.研究の性質上,研究室,サーバ室や自宅などパソコンのあるところならどこでもできます.

ゼミ合宿

筑波大学図書館情報メディア研究科の佐藤研究室や経営情報学部情報系ゼミと合同ゼミ合宿を夏休みに開催します.日々の研究の成果をゼミ生以外に発表する良い機会です.また,同年代の同分野の学生がどのような研究を,どのような手法で行っているのかを確認できる良い機会です.意見交換や討論も盛んに行われます.研究討論会が終わった後は,バーベキューや花火などをして,お互いの研究室の近況などを和気藹々と雑談して楽しんでいます.

学会発表

毎日の研究の成果を論文としてまとめ,情報処理学会やデータベース学会などが開催する全国大会や研究会などに投稿,発表することもできます. 学会での論文発表は斉藤研の魅力の1つであり,貴重な体験です.就活の際のアピールポイントにもなります.ぜひチャレンジしてみましょう. 論文発表で国内外の様々な場所(東北,金沢,沖縄,神戸,山口,九州,オーストラリア,マレーシア,韓国など)へ行けるのも魅力の1つです.

飲み会

ゼミ生と先生の親睦を深めるために,年に何度か飲み会(新歓,忘年会,卒論発表お疲れ様会,先生のお誕生日会,追いコン,OB・OG会など)を開催したり,カラオケやボーリングに行ったりします.(先生の歌声が聞けます!!)普段話せない先輩たちや,先生を含めた酒豪たちと語り合い,楽しみましょう.


斉藤研究室の特徴

斉藤研究室は,
  • メンバーが多い(H25年度は大学院生4名,4年生5名,3年生7名)
  • いろんな地元のお土産や学会発表の旅先でのお土産が集まる.
  • なぜか教職課程(数学・情報)の人が多く集まっている.教職課程でなくてもゼミに入れます.
  • 斉藤先生の喋り方が,ゼミ生や他の先生方にうつる.
  • ノートパソコンとお菓子が多い
  • 先生を含め,酒豪が多い(お酒弱い人もいるので,大丈夫!!)
  • 研究室の模様替えを割と頻繁にする
  • いつでもオープン